シリーズもの 映画評 ファンタジー

PIRATES OF THE CARIBBEAN  *パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち*

投稿日:2004-02-13 更新日:

2003年/米

監督 :ゴア・ヴァービンスキー

CAST:
ジョニー・デップ、ジェフェリー・ラッシュ、
オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ

<STORY>
カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスは、子供の頃にウィルという少年から手に入れた黄金のメダルを今でも大切に身につけていた。ある日、町はバルボッサが率いる冷酷な海賊たちに襲われる。精悍な若者に成長したウィルは、剣を手に勇敢に敵に立ち向かう。だが、奇怪なことに海賊たちは心臓を剣で貫かれても甦り、決して死ぬことはなかった。バルボッサの目当ては町の財宝ではなく、エリザベスの持っている黄金のメダルだったのだ。海賊たちはエリザベスをさらい、ブラックパール号で船出する。エリザベスに思いを寄せるウィルは、彼女を救うために一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組む

<感想> 評価 ★4.5
ジョニー・デップの怪演がこの映画をとても魅力的なものにしている。
少しイッちゃってるジョニーなのに、剣は腕が立ったり、機転が効いたり、ずるがしこいようで、男気を通したり。
アウトローでありながらアウトロー同士の約束は守る。
そんな男くさい「海賊の船長」役は、ジョニーだから魅力が増したのだと思う。
ニヒルなジョニーが、カッコつけながら沈没しつつあるマストから桟橋に乗り移る登場シーンは魅力的♪
脚本はそれほど巧いとは思わないんだけど演出がうまいんだろうな。
大仕掛けもそれほどあるわけじゃないのに、観客を引きつけるノリがある。
シーンのひとつひとつに何かしらウィットとユーモアが仕掛けがあって、全体の調和を崩さない程度に連続していく。
ジョニーは最近、シリアスが続いていたけど、ウィットに飛んでる役はやっぱりカレしかできないと思う。
「ロード・オブ・ザ・リング」以降、人気のオーランド・ブルームはルックスはOK。
ただ、ジョニーと比べるとまだまだな感じ。
ヒロイン役のキーラ・ナイトレーは、時代コスチュームが似合っていて、おてんばな女性を魅力的に演じていた。
ジェフリー・ラッシュはさすがです。
エンド・クレジットの後に続編を匂わせる意味ありげなシーンが出てくるのでエンド・クレジットが始まって帰っちゃうと
ダメだよ。続編がありそうなので期待!モチロン、デップのスパロウ船長だけは健在での続編で!ここに本文を記入してください。

-シリーズもの, 映画評, ファンタジー

Copyright© flap nagi style , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.