山本文緒 書籍評

紙婚式  山本文緒 著

投稿日:2009-06-12 更新日:

<あらすじ>
一緒に暮らして十年、小綺麗なマンションに住み、互いの生活に干渉せず、家計も完全に別々、という夫と妻。傍目には羨ましがられるような二人の関係は、夫の何気ない一言で裂けた。一緒にいるのに満たされない、変化のない日常となってしまった結婚のやるせなさ、微かな絆に求めてしまう、そら恐ろしさ。
表題作「紙婚式」ほか、結婚のなかで手さぐりあう男女の繊細な心の彩を描いた珠玉短編集。

<感想>
女性の立場から見た『結婚』について描かれた短編集。
全編に感じることは、(こんな形でも夫は妻を愛している)っと言うこと。
それを女側は理解できない・違うと思うのであって、
そこから結婚生活のズレが生じるんだろうな~っと・・・。

-山本文緒, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.