医療・健康 日々のつぶやき

角膜内膜細胞が減っていた(涙)

投稿日:

 

極端な乱視です。
ずっーとスッキリ見えないことで悩んでます。
正直なところ、半ば諦めてはいますが、「見えない」から眼精疲労を感じる日々。

最近は、これに老眼が加わり、厄介です。
裸眼だと周りが見えないので、近視用メガネが必要。
コンタクトをすると、老眼鏡が必要。
情けない状況です

明日から消費税が10%になると言うのに、8%の最終日に私は眼科に行くことを選びました~。
「ほんとうに合っているコンタクトレンズを作るため」に。

30年を超えるコンタクトレンズ生活です。

「長期利用者なので、角膜内膜細胞を見ておきましょう」

そう言われて検査されました。

結果、両目とも2000個/mm2ちょっとでした

コンタクトレンズ装着により、細胞が酸素不足になり、死滅するんだそうです。
そして一度死滅した細胞は再生しない・・と。

検眼師曰く、「2000個を切ると、コンタクトレンズ装着はできなくなりますから、できる限りコンタクトレンズの装着時間を短くしてください」と。

あー・・ショック

2000個を下回ると、白内障の手術は受けられなくなるそうです

目は大切です。
私は絶対的コンタクトレンズ愛用者です。
クルマの運転、仕事・・・メガネですることができないんです。

コンタクトを止めることができないなら、目を大切に、角膜内膜細胞をこれ以上減少させないようにするしかありません。

自宅にいる時はメガネ生活を実践していかざるを得ないなと切実に思っております・・・ハイ

-医療・健康, 日々のつぶやき

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.