医療・健康 日々のつぶやき

下痢の原因は糖質だったかも!?

投稿日:

 

年始早々、汚い題名のblogを書いていますが、お許しを

年末年始は食べます(笑)
もうこれは仕方ない、仕方ない

普段、すれ違い生活の家族も、揃って食事ができるし、何よりも友だちを招いての新年パーティーは恒例行事。
いつもなら、せめて週2回は行くジムも年末年始はお休み。
結果、800g程度の体重増加はあったけど、なんとか正月を乗り越えました。

去年の夏ぐらいから、ゆる~いダイエットを始め、5キロ前後は減らしましたが、毎度の事ながら5キロの壁は厚く、それを越えきれないまま年末年始に突入。
また再スタートしなきゃとは思っています。

で、そのダイエットをはじめる前まで、私は月1~2回下痢をしていました。
かなりの痛みで苦しむ時もあれば、さほどの腹痛もなく対処できるものまであり、
「これはもう体質」
「病院に行くほどのことでもない」
「便秘で苦しんでいるひとを思えば、マシか?」
とお腹の不調は日常化していました。
たぶん、私は ”過敏性腸症候群” なんだろうと思います。

夏頃から、軽めの糖質制限ダイエットを始めました。
朝食はフツーに食べますが、昼と夜は、ご飯、パン、麺は避け、量も抑え気味にする方法のダイエットです。
甘いものも、できる限りガマンするようにしました。
すると、腹痛で苦しみ、下痢をすることがほぼ皆無になりました。
痩せることプラス、あのお腹の痛みに苦しまなくて良くなったんです

年末年始、ダイエット前の食事に完全に戻ってしまいました。
大好きなケーキも、和菓子も食べるし、炭水化物も、年末年始を理由に、ガンガン食べてました。
すると、3日前ぐらいから、再び、腹痛と下痢が復活してしまいました。

そこで考えたんです。

もしかして、お腹の痛み、下痢は、糖質、炭水化物が原因なんじゃないかと。

 

ネット検索すると、すぐヒットしました。

過敏性腸症候群を引き起こすのは、糖質「FODMAP(フォドマップ)」が原因 と。

過敏性腸症候群の人は、FODMAPというある種の糖質を小腸でうまく吸収できない体質と、腸内細菌の特徴を持っていて、これらを多く摂取したときに症状が悪化するらしいのです。

まさしく私はコレではないかと。
そして娘(ぷぃ)も同じ体質だろうと思われます。

金曜、土曜、日曜、そして今も、腹痛と下痢に苦しめられる令和2年のスタート
ダイエットを意識した食事に戻せば、たぶん収まるんじゃないかと思っております。

 

参考にしたサイト

「おなかが弱いのは体質だから…」「こんなことでわざわざ病院に行くのは恥ずかしい」など、おなかの不調に慣れてしまい放置している、"おなかの弱い”あなた。 胃がん・大腸がんなど大きい病気を見過ごしてしまうかもしれない...
「おなかが張って苦しい」「おならが多いうえ、においが気になる」など、おなかのガスの悩みはつきない。忘年会などで食べたり飲んだりする機会が増える季節。いつもにも増して症状が気になるという人もいるのではないか。専門家にガスが増える原因と対処法…

 

 

-医療・健康, 日々のつぶやき

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.