映画評 邦画

誰も知らない *Nobody Knows *

投稿日:2004-02-09 更新日:

2004年/日本

監督 :是枝裕和

CAST:
柳楽優弥、北浦愛、YOU

2004年 第57回カンヌ映画祭 最優秀男優賞(柳楽優弥)受賞

<STORY>
母子家庭の4人の子供たち。それぞれ別々の父親を持つ子供たちは学校に通ったこともなかったが、それなりに幸せな毎日を過ごしていた。しかしある朝、20万円の現金を残して母が失踪する。この日から、誰にも知られることのない4人の子供たちの生活が始まる。実際に起きた「巣鴨子供置き去り事件」をモチーフに映画化した作品。

<感想> 評価 ★3
間の取り方、間のアングルに流れる空気感。日本映画と言う印象。
モチーフになった「巣鴨子供置き去り事件」は悲惨で兄弟が友人と妹を殺害してしまう残忍な結末に進んでいくが本作品は事件をモチーフにしたと言うことで、悲惨と言うより「誰かが知っていれば何とかできたのではないのか?」という警鐘を感じさせる作品になっていると思った。
子供が自由に演技をしているので、映画の冒頭はドキュメンタリー映画の様相だった。中でも長男役で主役の柳楽くんはカンヌ映画祭で最年少の男優賞に輝いただけのことはある。語らず瞳で演技をできる俳優だと思う。

-映画評, 邦画

Copyright© flap.... n@gi style   , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.