ミステリー、サスペンス、ホラー 映画評

NO COUNTRY FOR OLD MAN *ノーカントリー*

投稿日:2008-02-12 更新日:

2007年/米

監督 :ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン

CAST:
トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、
ジョシュ・ブローリン

<STORY>
人里離れたテキサスの荒野でハンティング中に銃撃戦が行われたような現場を見つけたベトナム帰還兵モス。複数の死体が横たわる現場で、車に積まれた多量の麻薬と200万ドルの大金を発見した彼は、危険と知りつつ金を持ち帰ってしまう。
しかし、この現場に関わり、金を奪ったことにより、モスは冷血非情な殺人者シガーに追われる身となってしまう。モスを知っている保安官ベルは、事情を察知しモスを助けようと2人の行方を追い始めるのだが・・・。

<感想> 評価 ★4
2007年アカデミー賞の作品賞・監督賞・脚本賞・助演男優賞(ハビエル・バルデム)を受賞した作品。
アカデミー作品は肌に合わないと言いながら、やはり押さえておきたい雰囲気の作品だったので鑑賞。

とにかく、静かな映画でした。静けさの中で繰り広げられているのは「殺すためだけ」に追い詰める殺し屋と大金を持って逃げ切ろうとする男の姿。その合間に事件と関係のある、ないに関わらずどんどん人が殺害されていきます。
キノコカットで無表情、大きな男:アントン・シガーの存在感がこの映画の軸。
酸素ボンベを変形させた武器を持ち、コイントスで殺すかやめるかを決めると言う「死」に対する恐ろしいほどの軽い感覚。その感覚がゾクッとするほどに恐ろしいのです。
展開も逃げるモス、追うシガーの緊張感で盛り上げ、あっけないほどに途切れます。
その緩急が絶妙だと思いました。

この作品で監督のコーエン兄弟が伝えたかったものはなんだったんでしょうか?
日本だけでなく先進国と言われる国では、理解できない殺人だらけ、古き良き時代と言われる頃と今は変わってしまったと言いたかったのでしょうか?

重い作品ですし万人受けはしない作品だと思いますが見て損はありませんでした。

-ミステリー、サスペンス、ホラー, 映画評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.