奥田英朗 書籍評

町長選挙  奥田英朗 著

投稿日:2006-06-19 更新日:

20090507_690595<あらすじ>
伊良部、離島に赴任する。そこは町長選挙の真っ最中で…。「物事、死人が出なきゃ成功なのだ」直木賞受賞作『空中ブランコ』から2年。トンデモ精神科医の暴走ぶり健在。
離島に赴任した精神科医の伊良部。そこは、島を二分して争われる町長選挙の真っ最中だった。伊良部もその騒動に巻き込まれてしまい…。「空中ブランコ」「イン・ザ・プール」でお馴染みの、トンデモ精神科医の暴走ぶり健在!
<感想>
伊良部先生の第3弾。
今回は時事ネタをふんだんに盛り込んでの伊良部一郎。読んで即、誰のことを題材にしてるかわかってしまう(名前も微妙に似てたりするんで・・)。これってどうなんでしょ?私は残念だなと思ったんですけどね?
ま、伊良部先生にかかればどんなヘヴィな悩みも本当につまらないことに思えてしまうあたりはさすがの筆力だと思ったけれど、世の中を皮肉るのが今回の目的だとすれば、いいのかな。
でもね、伊良部先生はちょっと失速気味で残念でした。4弾を出すなら原点に戻って欲しい。路線を戻しての第4弾を期待!
 

-奥田英朗, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.