乙一 書籍評

さみしさの周波数 乙一 著

投稿日:2010-03-04 更新日:

<あらすじ>
「お前ら、いつか結婚するぜ」
そんな未来を予言されたのは小学生のころ。
それきり僕は彼女と眼を合わせることができなくなった。
しかし、やりたいことが見つからず、高校を出ても迷走するばかりの僕にとって、彼女を思う時間だけが灯火になった<未来予報>。ちょっとした金を盗むため、旅館の壁に穴を開けて手を入れた男は、とんでもないものを掴んでしまう<手を握る泥棒の物語>他2編を収録した短編の名手・乙一の傑作集。

<感想>
「乙一」と言う小説家を見つけてからずっとファンな私。
いい意味でも悪い意味でも「乙一」には裏切られて続けてきていると思う。
今回の短編集は「せつない小説の名手」として有名な乙一、「ファンタジーの名手」乙一、 「ホラーの名手」乙一すべての魅力が網羅されてる軽めの小説だと思う。
私的には「切ない小説」では「暗いところで待ち合わせ」を抜かす作品はまだない。
また、乙一の単行本の魅力の1つに彼自身が書く「あとがき」があると思う。
「あとがき」を読むだけでもおもしろい

-乙一, 書籍評

Copyright© flap.... n@gi style   , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.