コロナ感染者数は発表数の5~10倍います!

 

昨日、東京の感染者は144名、大阪の感染者は43名と発表されました。
しかし実際、PCR検査を希望しても、症状を訴えても(微熱、味覚・嗅覚障害など)即座にPCR検査を受けることができない現状は変わっていません。

「PCR検査、やってくれたらエエやん!」

みな、そう言うでしょう。
私もそう思っていましたが、現状は、各病院で独自にPCR検査ができる状況じゃありません
大学病院ですら外注検査が実情なのです。

 

あるCOVID-19の報告例(25才男性)

Date症状行動、考え保健所、病院の対応
3/15(日)30人ほどのイベントに参加
19(木)夕刻から
38度代の熱、
強い倦怠感、
激しい頭痛
明日から3連休。
コロナ感染も軽視されていた時期だった
医療機関が休診だったため自宅待機
20~22激しい頭痛
食欲減退
強い倦怠感
咽頭痛

23(月)38~39度の熱
強い倦怠感
咽頭痛
食欲不振
保健所に電話相談

※本人コロナ感染を疑いPCR検査を希望
自宅で様子観察と指示
PCR検査対象外と言われる
24(火)熱は37度代
味覚、嗅覚異常
25(水)上記症状継続再び保健所に電話、
受診可能な病院を紹介して欲しいと頼む
紹介病院で診察を受ける。
インフルエンザ治療薬(ソフルーザ)処方のみ
PCR検査を希望するが対象外と言われる
27(金)症状継続受診病院に電話。
症状改善ないと報告
強くPCR検査を希望
PCR検査実施
症状安定のため自宅待機指示
28(土)症状継続PCR検査陽性の報告
体調はやや回復を感じる
31(月)症状改善、回復傾向病院に電話し状態報告。
今後の外出、仕事復帰時期を聞く
基準が曖昧だとされ
明確な解答なし

この例から

  • PCR検査は実際、ほとんど行われていない
  • 保健所、病院共に検査可能な体制にないのが事実
  • 発表の感染者数の5~10倍は感染者がいると思われる
  • 入院せず自宅待機の患者の待機解除の基準がない

以上のことがわかります。

大阪には、「大阪府新型コロナウィルス対策本部」が参画しました。

症状を感じて不安な方は、保健所よりもコチラに連絡する方はベターだと思います。
大阪府在住の方の相談もページに載ってます

新型コロナウイルス感染症について(電話相談含む)
 2019年12月以降、新型コロナウイルスに関連した肺炎の発生が世界各地で多数報告されており、日本国内でも関連する患者の発生が報告されています。 市民の方におかれては、新型コロナウイルスに限らず、咳エチケットや手洗い等、通常の感染対策を行..

 

ワクチン、治療薬がない現在、国民の7割が感染して免疫を得るか、ワクチン及び治療薬が発売されるまで耐えるしかないと思います。
そう言う意味で、5/6に緊急事態宣言が解除されたあと、人々が解放され、日常生活を送り出した10日~2週間後、
三度の爆発感染者を生む危険を孕んでいる気がしてなりません。

 

 

0

コメント待ってます♪

タイトルとURLをコピーしました